【ラーメン】ラーメン二郎越谷店で満腹の向こう側の景色を見てきた @越谷駅東口

ラーメン二郎 越谷店 外観

ラーメン二郎とは

世の中には「ジロリアン」と呼ばれる熱烈な二郎ファン(もしくは重度の二郎中毒患者)がたくさんおり、その先人たちが作り上げた数々の二郎情報サイトが存在していますので、興味のある方は是非Google先生にお尋ね頂き深堀をしていただきたく。

ラーメン二郎の特徴

ラーメン二郎についてはGoogleなどで調べていただきたいのは前述の通りですが、ラーメン二郎未体験の読者様の為に僭越ながらその特徴をご紹介いたします。

とにかく量が多い

ラーメン二郎の「小ラーメン」は通常のラーメンの1.5~2倍ほどの量があると思って差し支えないでしょう。

とにかく面が太い

ラーメン味のうどんをイメージしていただければ、遠からず。

とにかく脂が多い

豚の背脂をふんだんに含みます。脂は水より軽いので、スープの表面に澄んだ脂の層ができる場合があります。さらにトッピングで背脂を追加することもできます。

オーダー時の呪文

オーダー時や提供時に麺の硬さや味付けの濃さ、トッピングなどについての好みを伝えることができるのですが、不慣れな人がその様を見ると意味不明な呪文に聞こえるかもしれません。

入店に際し

ラーメン二郎越谷店は「完全駐輪駐車禁止」です。越谷周辺の駐輪・駐車場を利用しましよう。すぐ近くにある越谷ツインシティは、自転車は2時間無料バイクは1時間100円車は30分100円(最初の30分は無料)で利用できます。(なぜかバイクだけ最初の30分に料金が掛かります)

また、店外で入店を待つ際の並び方についてもルールがありますので、必要に応じて現地の掲示物を確認しましょう。商業地域ですが、近隣には住宅もありますので、迷惑にならないように客側の配慮も必要でしょう。店内では監視カメラで外を見張っています。

ラーメン二郎 越谷店 外観

入店したら

自販機で食券を購入

もしもあなたが「はじめてのラーメン二郎」であり、胃袋に自信のある「大食い野郎(もしくは女子)」でないなら、『悪いことは言わない、小ラーメンにしておけ』なんなら注文時に「麺半分で」と申し出ても差し支えない。

トッピングの呪文

トッピングの種類は麺の上に盛る野菜の量、にんにくの量、背の量、スープの濃さ(さ)ですが、『全部普通で』といえば標準仕様となります。細かい好みを伝えたければ呪文のお作法をGoogle先生から予習しておきましょう。

ドーン!できあがり!

そして自分の胃袋との戦いの火ぶたが切って落とされる。

正直、二郎のラーメンは好みの分かれるところです。熱烈なファンも多いですし、アンチも多いと思います。が、ラーメン好きなら一度食べてみるのも良いかと思います。あのホリエモン氏も「二郎はラーメンではなくて二郎という名の食べ物である」と発言しています。

二郎インスパイア系

ラーメン二郎というジャンルには、東京三田の本店からのれん分けである正式な支店と、ラーメン二郎に影響を受けた(と思われる)「二郎風ラーメン」店があり、後者は二郎インスパイア系と言われることもあります。

ラーメン二郎越谷店は正式な支店としては越谷地区初出店となりますが、今までにも幾つかの人気インスパイア店が存在していました。

一例として・・・

  • ジャンクガレッジ(しらこばと水上公園近く/イオンレイクタウン)
  • 角ふじ(イオンレイクタウン)
  • へーちゃんラーメン(南越谷)
  • みちる屋(北越谷※惜しまれつつ閉店)

以上、越谷駅の近くに2019年3月にオープンした「ラーメン二郎越谷店」について、まだ二郎未体験の方向けにご紹介させていただきました!

基本情報

店名ラーメン二郎越谷店
場所越谷駅東口ツインシティから徒歩1分
営業時間 11:00-14:30, 17:30-21:30/日10:00-15:00
定休日毎週火曜日
公式サイト https://ksgy26.tumblr.com/

アクセス